奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 03月 31日 |
桜も少しずつほころびはじめ、暖かくなって、気持ちが楽しくなる季節ですね。
けれど春は別れの季節でもありますね。。。
と、いうわけで、少し寂しいお知らせをしなければなりません。

フルコトあるじの多田みのりさんが
このたび一旦フルコトを卒業される事になりました。


ただ、あくまで「一旦」ご卒業、という事でひっそりとお伝え致しますね。
多田みのりさんからのコメントです。



このたび一身上の都合で、フルコトのあるじを卒業することとなりました。
寧鹿舎の商品をお買い求めいただいた皆様、また1年に数回しか現れない「まぼろしあるじ」
であるにもかかわらず、フルコトの一員として接してくださったきたまちの皆様、
本当にありがとうございました。

子供が小さいゆえ、なかなか訪寧が叶わず、
店番も一度もやったことないという名ばかりのあるじでしたが、
フルコトの一員として過ごした日々は非常に幸せでした。
「卒業」というより、「中退」のような感じなのですが、
子供がもう少し手を離れ、あるじとして作家として、
より誠実にフルコトと、そしてお客様と関われるようになりましたら、
また戻ってきたいと考えております。
その時はどうぞよろしくお願いいたします。

なお、寧鹿舎の商品は引き続きフルコトに置かせてもらう予定です。
皆様の日常が、奈良旅が、より一層楽しく思い出深いものになりますよう、
寧鹿舎も地道にがんばっていきたいと存じます。
引き続きご愛顧いただけましたら幸いです。

皆様のご健勝を東の都よりご祈念いたしております。
短い間でしたが、本当にありがとうございました。


寧鹿舎 多田みのり



今後ともフルコトでは寧鹿舎の商品も引き続きお取り扱いいたしますし、
多田さんもライターさんとしてご活躍されますので
引き続きよろしくお願い致します!

またお子さんが大きくなられたら、一緒に奈良へちょくちょくと来てくれるのを
私たちも待っていますよ〜!

多田みのり
古代女(こだじょ)の旅時間(ブログ):http://neirokusya.blog135.fc2.com/
Twitter:http://twitter.com/neirokusha

[PR]
2014年 03月 31日 |
新システム移行のため3/31で一旦休止とさせていただきました。
再開は4月上旬の予定です。
消費税アップのため商品価格・送料ともに変更となりますのでご注意ください。
カート自体は3月31日午前中で一旦停止します。
ご入金は3月31日中にお願いします。
3月31日までにご注文・ご入金いただければ現行の価格でOKです。
通販でのお買い物をご検討中の方はお早目にお願いします~!

http://furukoto.cart.fc2.com/
[PR]
2014年 03月 31日 |
都合により臨時のお休みや、営業時間の短縮等が急遽発生した場合、
ツイッターやブログ、フェイスブックなどでお知らせいたします。
最新情報のご確認をどうぞよろしくお願いいたします。

6日(日)は都合により、開店と閉店時間が1時間ずつ遅くなります。
10日(木)は定休日ですが、臨時に営業いたします。



1日 (火)11:00~18:00 砂川
2日 (水)11:00~18:00 生駒
3日 (木)定休日
4日 (金)11:00~17:00 金田
5日 (土)11:00~17:00 上村
6日 (日)12:00~18:00 新井 ※営業時間にご注意ください
7日 (月)11:00~18:00 新井
8日 (火)11:00~18:00 代打あるじ
9日 (水)11:00~18:00 砂川
10日 (木)11:00~18:00 生駒 ※臨時営業いたします
11日 (金)11:00~17:00 金田
12日 (土)11:00~17:00 生駒
13日 (日)11:00~17:00 上村
14日 (月)11:00~18:00 新井
15日 (火)11:00~18:00 代打あるじ
16日 (水)11:00~18:00 砂川
17日 (木)定休日
18日 (金)11:00~17:00 金田
19日 (土)11:00~17:00 上村
20日 (日)11:00~17:00 代打あるじ
21日 (月)11:00~17:00 金田 ※営業時間にご注意ください
22日 (火)11:00~18:00 生駒
23日 (水)11:00~18:00 砂川
24日 (木)定休日
25日 (金)11:00~17:00 新井
26日 (土)11:00~17:00 上村
27日 (日)11:00~17:00 代打あるじ
28日 (月)11:00~18:00 新井
29日 (火・祝)11:00~17:00 生駒
30日 (水)11:00~18:00 砂川
[PR]
2014年 03月 29日 |
誠に申し訳ございませんが、都合により、

3月29日(土)は休業させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


29日はフルコトはお休みをいただくのですが、
もちいどのセンター街「きらっ都・奈良」にておこなわれる、
第17回まちなか市場に出展させていただきます。

3月29日(土)・30日(日) 10時~17時
久しぶりのお出かけフルコトで少々緊張気味でございます。
30日はきたまち本店も営業しますので、北と南のフルコトを楽しんでいただくことも可能です。

今回のまちなか市場は「本をたのしむ週末」 というテーマ。
2日間とも、あるじの新井が出店を担当いたします。
フルコトならではのセレクト書籍や本にまつわる雑貨類を展示販売いたします。

どんな週末そして月末(年度末)になるか、今からワクワクしています。
[PR]
2014年 03月 26日 |
ここのところ、変則続きで本当に申し訳ありません。

3月28日(金)10時~16時

都合により28(金)は10時開店、16時閉店とさせていただきます。
通常の11時~17時より1時間前倒しとなっております。

翌日の29日(土)はかねてよりお知らせしておりました通り、
フルコトは臨時休業いたしますが、
第17回まちなか市場(3/29・30) に出展しておりますので、
もちいどの「きらっ都・奈良」にてお待ちしております。
30日(日)はフルコトとまちなか市場の両方で営業しております。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。 
[PR]
2014年 03月 23日 |


※申し訳ありませんが
28日(金)のフルコトは出展準備のため、営業時間を1時間前倒します。10時~16時。
29日(土)はフルコト本店はこの出展のためもあり、臨時休業となっています。
30日(日)のフルコトは11時~17時で通常営業いたします。

●日時●
2014年3月29日(土)30日(日)10時~17時

●場所●
きらっ都・奈良2階・3階 (奈良もちいどのセンター街  奈良市橋本町3番地の1)
近鉄奈良駅より南へ徒歩5分程度

●イベントスケジュール●
29日(土) 3階
11:00~12:00 大紙芝居上演「奈良の昔話」  劇団「良弁杉」
13:00~15:00 プチ墨絵教室   講師:武知 剛先生
筆と墨で絵を描いてみよう! 初心者でも丁寧に説明してもらえます。おみやげ付き(参加費500円)
15:30~17:00 トークショー「本はいざなう」  講師:奈良女子大学 磯部 敦先生
読書とは文字だけを追いかけるものではなく、私たちはページをめくるまでにもいろいろな情報を読んでいます。
本の外側にも目をむけ、その環境や魅力についてお話しいただきます。

30日(日) 3階
11:00~12:00 大紙芝居上演「奈良の昔話」  劇団「良弁杉」
13:00~15:00 プチ習字教室   講師:小久保 愛里先生
字が少しうまくなるポイントを簡単に解説してもらえます。おみやげ付き(参加費500円)
15:30~17:00 トークショー&サイン会 作家・浜口 倫太郎先生 作家・仁木 英之先生
お二人の作家としての考え方や、本の楽しさと役割、奈良への思いなどをお話しいただきます。
また、会場で新刊をご購入のお客様先着50名を対象にサイン会を開催します。

※両日とも、2階スペースでは終日古本市が開催されます。
【古本市出展者】
啓林堂書店(奈良店・奈良三条店) 南都書林 コミックバスターShalala 小西さくら通りプラネット
奈良もちいどのセンター街フジケイ堂 旅とくらしの玉手箱フルコト (順不同)

--------------------------------

すごい内容の2日間。
フルコトは古本だけでなく、新刊本や雑貨(ブックカバーや栞などなど)も持って参ります。

ひさしぶりのお出かけフルコト。
どうぞお買い物ついでにお立ち寄りくださいませ。
[PR]
2014年 03月 14日 |
このたび、奈良県のなら記紀・万葉プロジェクトの一環で
古事記かるたができました!


文言編集踏花舎の倉橋みどりさん
イラストは私フルコトあるじの一人上村恭子が描かせていただきました。
製作はカルタ花札の老舗「大石天狗堂」様の製作です。
d0229442_1472867.jpg
古事記かるた公式サイトより
楽しく遊びながら古事記の世界へ!

今から約1300年前に奈良でまとめられた『古事記』。
そこに書かれてある物語や歌謡をもとに、わかりやすい言葉とイラストで
かるたを作りました。
楽しく遊びながら、遠い昔に書かれた『古事記』の世界に
親しんでみてください。
かるたは小学校4年生以上から楽しめます。


d0229442_1425710.jpg
なら記紀・万葉古事記かるたとは?

このかるたは、『古事記』にでてくる物語の中から、
知っておいてほしい場面を選び、かるたにしました。
字札と絵札は2枚1組になっています。名場面の様子を短く、
調子よくまとめた言葉を記した字札と
楽しいイラストの絵札からなる物語編(45組)と、
『古事記』に登場する歌の中から特に有名なものや
すばらしいものを選んで載せた字札と
美しいイラストの上に歌の一部を載せた
絵札からなる歌謡編(5組)があります。


d0229442_1454977.jpg

かるたの他にも楽しみ方いっぱい!
絵札50枚の裏面を使っての大きなパズルなんかも!
私、上村はこの裏面の全体イラストがとても気に入ってるのです。
真ん中の大和で稗田阿礼さまと太安万侶さまが楽しく語りながら、記しながら、そのはじから回りに神様がお話とともにぽんぽんと浮かんで来ては世界を広げて行く…そんな風に見えたらいいな、と思っているのです。
ぜひ、お手に取られた方は、このパズルもお楽しみ下さいね!これが以外と難しくて結構楽しめますよ!

他にも百人一首の絵札を使う「坊主めくり」に似た遊びなんかも出来る工夫が!
d0229442_1432636.jpg

ちなみにコレが手元に届いた時、フルコトあるじで早速すぐに遊んでみました!
私はイラストを描いたんだから余裕で勝っちゃうよ〜と思いきや、
そこはさすがフルコトあるじ。なんか…微妙に負けた…あれ…(笑)
しかし、倉橋女史作の読み札の読みやすさと響きの美しさがとても気持ちがよい!


d0229442_1443666.jpg
そして遊んでみて気づいたんですが、
このカルタ、俗にいう「いろはかるた」ではないので、
例えば「あ」が一枚だけではなく数枚あるのです。

なので、ちゃんと読み札を聞いて、
場面を想像して、絵札と合ってるか、
といった「ちゃんと内容を理解する」力が
意外に求められるのがポイント。

だから普通のかるた遊びよりも
かなり楽しめるとも言えると思います。

d0229442_144399.jpg
古事記って本当におもしろいなぁ、と思ってる私が、
それをそのままの気持ちで小学生の皆さんに
伝えられたらいいな、
との想いを込めて描きました。
古事記ってあまりよく知らないけど、
一度読みたいと思ってはいたんだ〜と
思っておられる方、
ぜひ一度お手に取ってみて下さいね!

【記紀・万葉 古事記かるた】
通販でお買い求めの方はコチラ
>>http://furukoto.cart.fc2.com

[PR]
2014年 03月 12日 |
現在店頭で展示しております三角縁神獣鏡は
明日あるじ・関係者のみの
破鏡祭祀
を執り行うため、本日12日18時までの公開とさせていただきます。

破鏡祭祀とは何ぞ?という方は、
こちらをご覧くださいませませませ・・・。

おととしの模様です。

今回の破鏡祭祀では何が起きるのか!?
そしてそして、、、早く言いたーい!!お知らせもございますので!!
明日は金田、生駒、新井、上村(砂川・多田欠席(涙))のツイートをチェックしててくださいませー!

--------

臨時休業のお知らせ

3月23日(日)と3月29日(土)は
臨時休業とさせて頂きます。


ご来店を予定していた皆様には大変申し訳ありませんが
よろしくお願いします。
[PR]
2014年 03月 02日 |
こんばんは。フルコトあるじの金田です。

先月、産休からお店番に復帰しました。
それで嬉しくて、開店直後ツイッターに書いたんです。
「今日、産休から復帰した金田が久しぶりにお店番しています」と。

すると、フルコトの電話が鳴りました。

「はい、お待たせしました。フルコトです!」
「あ、こんにちは。海龍王寺です」
「えっ?(何皇子ですって?)」
「海龍王寺の石川です」
「あっ、(……失礼しましたw)こんにちは。お電話ありがとうございます、お久しぶりですね」

そして石川重元ご住職にご用向きを伺ったところ、
「古墳のスマホ立て、作りませんか?」とおっしゃるのです。

古墳のスマホ立て……?
私の頭はハテナマークでいっぱいになりました。

「それは、どのようなものでしょうか」

そして、具体的な形などのお話を口頭で伺い、なんとなくイメージがつかめてきたような全くつかめてないような……

「あのう、直接お寺のほうで、詳しくお話を伺わせていただけますでしょうか?」
「どうぞどうぞ!」
「ありがとうございます。では、お伺いさせていただきます」

そういう和気で、後日海龍王寺さんを訪ねたのです。

そしてまた別件の話ですが、産休直前の私にメールをくださった家具職人の方がいらっしゃいました。
「前方後円墳という意味の「double-mound」という屋号で家具を作っています。古墳の形のスツールやテーブルもあります」
ええっ、なんですってー?!それはぜひ工房にお伺いしなければ!!

……そう思いながらもう産前には時間が取れず、そのまま産休に突入した私。
復帰したからにはまずdoubule-mound さんの工房にお伺いしよう!と思っていたもので……

海龍王寺さんでスマホ立ての案を具体的にお聞かせ願ったその足で、
doubule-moundさんの工房の扉をたたきました(実際には扉は開け放ってあって「あっ、どうも!こんにちは〜^^」ってな感じだったんですけどねw)
double-moundさんのサイトはこちら→ http://double-mound.com

double-moundさんは、家具職人・阿部崇さんの工房です。
そこは、驚きの古墳空間でした。笑。
前方後円墳形のぴっかぴかに磨かれた木製テーブルがどーん!と展示してあって、
その上に古墳形のブックエンド、その脇に古墳形のスツール。
いろいろお話を伺っていると、
「このテーブルはウワナベ古墳のフォルムです」
「こちらは土師ニサンザイ古墳のブックエンドです」
と、実際に奈良にある古墳のフォルムで木製品を作られているのです。
そのこだわりたるや。もうなんと言っていいのか。

そこで、初対面とは思いつつも、おそるおそる「古墳スマホ立て」の話を阿部さんへ。
石川ご住職の、スマホを机の上で立てておく什器……というアイデア(その時は、古墳が支えるのではなく、古墳の形をした木に刻み目を入れてスマホを立たせる、つまり古墳はベタに寝ている状態でした)をいただきつつも、
私の頭の中ではすでに、せっかく作るなら想いを込めたい。と、スマホをどう立てるか、どんな形にしたいかが具体的になってきていました。

すると、阿部さんは
「わかりました!いいですよ。おもしろそうですね、試作してみます。」
と快諾してくださり、話がトントン拍子に進みました。
「私・金田のこだわりポイントとしては、現代の機器スマホが、古墳ーーー古代の人々の知恵や力を結集して作った構造物ーーーに支えられている、ということをあらわしたいんです。古代からの人の営みに今が支えられている感、それを出して欲しいんです。」
「わかりました。では早速!」

そして、生まれたのがこちら。

古墳スマホ立てです。
d0229442_23434045.jpg


d0229442_23454596.jpg
スマホが、古墳に支えられてます。ちょうど、古墳が手で持ち上げてくれているかのよう。
(ちなみに、画像で乗せているiPhoneオリジナルケースは、フルコトあるじ上村恭子さんデザインの「箸墓古墳」ですので、フルコトで合わせてお買い求めいただけます!!)

スマホをここに立てたまま充電が出来るように、コードは古墳の下を通して向こう側へ繋げられるようにしました。

阿部さん曰く、
「これは宝来山古墳ーーー垂仁天皇陵のフォルムです」

であればやっぱりお参りしてこないとねー!!
じゃん。垂仁天皇陵にお参りし、記念撮影。
d0229442_23471464.jpg


石川ご住職のアイデアをいただき、
金田がイメージを具体化して、
阿部さんが木の特製を生かし、磨き込んですっきりとしたデザインに仕上げてくださった、
木製古墳スマホ立て。
一個2600円、フルコトにて販売中です。



ちなみに、double-moundさん作の古墳箸置き(1個250円)も、大好評です。
ぜひ、合わせて見にいらしてください〜☆
d0229442_23484026.jpg

[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon