奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 10月 29日 |
d0229442_14142449.jpg











(信号機に取り付けてあるのぼりは青空市を告げるもの)

国宝東大寺転害門前広場にて「第2回大門青空市」が開催されます。

2012年11月3日(土・祝)10時~15時/少雨決行
「手貝通り商進会おもてなしイベント」として、
昨年の大好評を受け、今年も盛大に催されることとなりました。

なんといっても、目玉は地元奈良阪町の新鮮野菜の販売。
売り切れ御免なのですが、昨年は本当に早くから御免状態となっていました。

昨年は「おでかけ大門玉手箱」もその催しの片隅に参加させてもらい、
私、門前の小僧をやっておりました。
(大門玉手箱=一箱ふるほん+手作り品市)
小僧の主な仕事内容は「フルコトへの道案内」でした。

今年も声をかけていただいたので「おでかけ大門玉手箱」いたします。
大門玉手箱の名前は「大門市場」から来ています。
大門市場の名前は「転害門=大門」から来ています。
玉手箱生誕の地の近くで、楽しみながら古本、クラフト作品、お菓子やパンのお店屋さんごっこをいたします。

昨年の様子はプリンでおなじみ「すいーとわたちゃん」のブログで。

奈良きたまちは今ゆるゆると楽しく面白い場所になってきています。
空模様もなんとか大丈夫そうな11/3。
どうぞ「門」と「フルコト」の両方をお楽しみくださいませ。


フルコトのある東包永町の住宅名表示板↓



d0229442_14431052.jpg
[PR]
2012年 10月 28日 |
20日(火)21日(水)は誠に申しわけございませんが、
都合により臨時休業とさせていただきます。
ご来店の予定をたててくださっていたお客様には、
お詫び申し上げます。


11月にはフルコトにとりまして、大きな出来事がございます。
箱根を越えて、花のお江戸に参上いたします。
11月10日・11日の2日間、第36回デザインフェスタに出展いたします。
会場はお台場の東京ビッグサイト西館全部。
出展ブースが約3,000なんて‥会場の様子が想像もつきません。
今までもやってきた「おでかけフルコト」の一環なのですが、
満を持してお江戸に見参いたします!
詳細はまたブログでお知らせします。
みなさまどうぞ遊びにいらしてください!

1(木)定休日
2(金)11:00~18:00 砂川
3(土・祝)11:00~17:00 砂川
4(日)11:00~17:00 新井

5(月)11:00~18:00 新井
6(火)11:00~15:30 砂川 15:30~18:00新井
7(水)11:00~18:00 代打あるじ
8(木)定休日
9(金)11:00~18:00 砂川
10(土)11:00~17:00 砂川 ※デザフェス開催日
11(日)11:00~17:00 砂川 ※デザフェス開催日

12(月)11:00~18:00 新井
13(火)11:00~18:00 代打あるじ
14(水)11:00~18:00 代打あるじ
15(木)定休日
16(金)11:00~18:00 金田 →11:00~17:00に変更
17(土)新井
18(日)新井

19(月)11:00~18:00 新井
20(火)11:00~18:00 臨時休業
21(水)11:00~18:00 臨時休業

22(木)定休日
23(金・祝)11:00~17:00 新井
24(土)11:00~17:00 砂川
25(日)11:00~16:00 新井 都合により、短縮営業

26(月)11:00~18:00 金田
27(火)11:00~17:00 新井
28(水)11:00~18:00 生駒
29(木)定休日
30(金)11:00~18:00 生駒
[PR]
2012年 10月 27日 |
10月30日(火)19時から開催する予定でした、
「ほろ酔いで奈良太郎を聴く宴~米・米・米・月~2012」
担当あるじのよんどころない事情により急遽中止とさせていただきます。


誠に申し訳ございません。
前々日にこのようなお知らせ、心からお詫びを申し上げます。

お申し込みの方へは先ほどお詫びのメールをお送りいたしました。
昨年もふらりとお立ち寄りくださった方がおられました。
今年も覗いてみようかと思ってらっしゃったとしたら、
あわせてお詫び申し上げます。

これに懲りずに今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
2012年 10月 21日 |
【※お知らせ※】10/23(火)誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします


d0229442_21512329.gifキンモクセイの香るきたまちの片隅で
とても気持ちのいい秋晴れの一日
ちいさなかわいい縁日を開催いたしました。

「きたまちで、たくさんの縁がつながりますように053.gif

その言葉が、ほんとうになって
たくさんたくさん、嬉しいものが繋がった一日になりました。

その素敵な一日を
写真でちょこっとご紹介~~~



d0229442_2157319.gif
d0229442_21574254.gif
d0229442_21575335.gif


>>器人器人さんのブログの「縁日の様子」も見てくださいね!<<

雰囲気伝わりましたでしょうか?

お日様いっぱい060.gif
可愛いものいっぱい060.gif
素敵な出会いいっぱい060.gif
楽しいおしゃべりいっぱい060.gif
気持ちのいい音がいっぱい060.gif


そんな笑顔いっぱいの一日でした(人´ω`)

ご来場くださったお客様
盛り上げて下さった出店者、アーティストの皆様

本当に本当にありがとうございました!!!

(今度は春かな~(´∀`)…?)
[PR]
2012年 10月 08日 |
d0229442_3342561.jpg












フルコトで大人気の『なら工房街道』を持って、出かけてきました。

クラフトや伝統工芸、アートなどの工房やアトリエそしてギャラリーが紹介されているだけでなく、
地元食材の美味しいごはんの店や、くつろげるカフェなども多数掲載されています。
見て読んで、うっとり~!だけでなく、「行かなきゃここへ!」と実際に身体が動く本です。

早速、奈良市街を出発して田原を抜け、室生から曽爾高原の方へ。
お昼ごはんは室生のログ空(からっぽ)さんで。
ご主人が自家製の窯で焼いてくださったピザを味わいながら、奥様とお話をします。

空/どちらから?
私/奈良市内、最近、きたまちと呼ばれている近鉄奈良駅の北の方です。
空/ええっ!?
私/奈良女子大学があるあたりなんですよ。
空/私そっちの方にいたんです。法蓮仲町のバス停のそばに‥。
私/‥ひょっとすると、路地入ったところでギャラリーされてませんでしたか?
空/はい、今とおんなじ名前で。
私/いやだ~、からっぽさん、私3度ほど訪ねたんですけど、時間外だったりお休みだったりで。
いつのまにか閉められたご様子を見て、残念に思ってましたた「行きそびれたなあ」って。
それが、いまココに?
空/はい、いまココに。

きたまちで訪ねそこねた方は室生におられました。
共通の知人もいたりして、話ははずんだものの、先を急ぐので、
フルコトのショップカードを何枚か託して、お店を後にしました。

そして、フルコトあるじの上村ヤスコさんにその話をしたところ‥。
「私、そこでグループ展したことあるよ」と仰天発言。
「どうしてはるかなと思ててん」。


奈良は広く、いたるところに魅力ある ヒト や モノ や コト そして バ が
それはそれはたくさん散りばめられています。
でも時々、「奈良って狭い~」と言いたくなる様な出来事にも遭遇します。
狭いのではなく、縁のチカラでぎゅぎゅっとなってるのでしょうね。
そんなご縁の糸がキラキラする様を見に行ってみませんか?
あるいはご縁の糸をしゅるしゅると繰り出してみませんか?
お供はやっぱり『なら工房街道』ですね。
フルコトにて絶賛発売中。
[PR]
2012年 10月 07日 |
日に日に秋めいてきて、夜はちょっと寒いぐらいの日もありますが、
みなさんお変わりないでしょうか?

奈良公園ではこの週末、鹿の角切りが行われていますね。発情期を迎えるオス鹿同志が喧嘩して傷つけ合ったり、
観光客を傷つけ合ったりしないように、江戸時代から続いている伝統行事です。
立派な角が無くなってしまうのはちょっとかわいそうな気がしますが、傷だらけになったり、
人に危害を加えたために一生を鹿の保護施設「鹿苑」で囚われることになった鹿を見るのはもっと悲しいことですよね。
雄々しい鹿を間近に見られる角切り、ぜひいちど足を運んでみてはいかがでしょうか?

その神鹿をあしらった、寧鹿舎新商品ができあがりました。

●絵鹿カードセット
d0229442_13163100.jpg
 
奈良ですもの、絵馬ならぬ絵鹿カードを作ってみました。
かつて武甕槌命が神鹿に乗って鹿島神宮から春日大社へとお越しになった由緒にちなんで、
神鹿をデザインしてあります。
実際に奈良公園で見かけたオス鹿とメス鹿を消しゴムハンコにして、捺印。
瑞雲や勾玉、五重塔
などもちりばめられた、かわいいカードセットです。
絵馬型カード・封筒・宛名用シール・封緘シールのセットで、650円です。
d0229442_13154622.jpg

表面は夫婦の神鹿と瑞雲。
d0229442_13144947.jpg

裏面は勾玉をちりばめました。
d0229442_13155570.jpg

封筒の表面は勾玉を、裏面には瑞雲と五重塔をデザイン。宛名シールや勾玉の封緘シールもセット。
吉祥結びの紐もついています。

絵馬の歴史は古く、平城宮跡でも見つかっています。当初は神様の乗り物として生きた馬を奉納していましたが、
貴重な馬を誰もが納めることはできませんし、奉納された寺社も世話が大変ということで、
次第に紙や木、土で作った馬などを納めるようになり、やがて絵馬がうまれました。
昔は本物の馬だったなんて、驚きですね。

奈良モチーフがいっぱいの絵鹿カード。
ご自身の願いや抱負を書いたり、奈良旅の想い出を書いて飾ったり、お友達にメッセージを書いて贈ったり…。
お好きな使い方で楽しんでみてくださいね。

※消しゴムハンコをすべて手で捺印していますので、一部カスレやハミダシなどがありますが、
味わいのひとつとしてご容赦くださいませ。


↓↓↓ネットショップお買い物ページはコチラ↓↓↓
絵鹿カードセット


[d0229442_15523320.gif
060.gifフルコトの商品をネットでおかいもの!
それからもうひとつ。

●『奈良のチカラ』ありますっ!

d0229442_13312694.jpg

装丁は藍寧舎の金田アオイさんデザインなんですよ♪

新米あるじのわたくし、多田ミノリが2007年に出しました旅行エッセイ『奈良のチカラ』
5冊だけですが店頭に出しました。発行部数が非常に少なかったので、
あっという間に売り切れ絶版になってしまった幻の(笑)本です。
詳しくはコチラ

みなさまのお手元に行き渡らないことが多かったので、その内容を抜粋しながら「奈良旅手帖」のコラムなどに流用し、
奈良のことをより多くの皆さんに知っていただきたいと思っておりましたが、いまだ「奈良のチカラ、もう無いんですか?」と
お問い合わせいただくこともありました。
ですので、私の手元に残っていた最後の最後の5冊を、フルコトに出品することにしました。
情報などアップデートされていないので古い内容もありますが、お水取りのことや大仏鉄道のこと、
奈良公園の鹿のことなど、旅行ガイドではなかなか触れられない一歩踏み込んだ奈良が見えてきます。
よかったらぜひこの機会にお求めください。1,890円です。遠方の方には発送もいたしますので(送料無料)、
お店にお問い合わせくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
2012年 10月 05日 |
誠に申し訳ございません。

都合により、本日の開店は1時間遅れます。

12時には扉を開けますのでどうぞよろしくお願いいたします。


急なお知らせとなったこと、あわせてお詫び申し上げます。
[PR]
2012年 10月 03日 |
みなさま涼しくなってまいりましたがいかがお過ごしですか??
そんな芸術の秋、食欲の秋、読書の秋…をすべて楽しむイベント
【蚤の市】あらため【きたまち縁日】
10/20(土) 開催いたしま~すよ~。
d0229442_14501237.jpg
>>大きいサイズはコチラ<<

058.gif出店者のみなさま(敬称略・順不同)

◆青空マカロン/今回、初出店して下さいます!!! 色とりどり、様々なフレーバーのマカロンを作られています♪ このマカロンを見てるだけでも乙女(?)ゴコロがキュンキュンしてきます^m^ 今回はハロウィンをテーマにしたマカロンも作って下さいますよ♪

◇hana/ hanaさんも今回 初出店!!!これからの季節の服に合わせたくなる素敵な素敵な手作りアクセサリーをはじめとしたイロイロなモノがいっぱい並びますよ~ヽ(^o^)丿ワクワク♪ 楽しみ~♪

◆*cocoa*/前回、バイスリーさんのゲストで出店して下さった*cocoa*さん♪ 今回は単独で出店して下さいます♪ ナチュラルな麻ヒモのバッグやこれからの季節にピッタリなニットの小物が登場ヽ(^o^)丿

◇×3(バイスリー)/すっかりこのイベントのおなじみさんになって下さってるバイスリーさん♪ 3人の手のぬくもりが伝わってくるカワイイ手作りのアクセサリーやバッグ、小物など、今回もひと目見るだけでワクワクが止まらない作品がイッパイ登場しますよ(^^♪

◆Potiche(ポティッシュ)/ アンティークなレースやリボンで彩られたシュシュやブローチ、ヘアアクセサリーの小さな可愛いお店。バンビやウサギがあちこちに。今回はお菓子もちょっと、焼いてみますよ。

◇すいーとわたちゃん&おやつなぁ~に?/大門玉手箱ではおなじみ&大人気のすいーとなおやつのお店。家人へのおみやげのつもりがいつのまにか自分のお腹におさまる魅力のお菓子。

◆梅ちゃんの出張眼診屋/ 『眼診』…聞きなれない不思議なコトバ。これはかの中国で生まれた「カラダとココロを貴方の眼で診る」方法。むかしむかし、中国の高貴な女性はたとえ医者の前でも肌を見せる事はならなかったのだとか。そこで生まれたのが「カラダとココロを貴方の眼から診る‘眼診’」という方法。瞳の色などから体調、そしてカラダと密接に繋がるココロや正確のヒントも見えるとか。まだ見習いで今回格安なので一度お試しを。

◇月与志/各方面で活躍中の月与志さんの墨絵似顔絵。前回「しあわせいちば」でも大好評でした。雰囲気ある墨の濃淡で描く似顔絵はなかなか無いので本当に記念になりますよ。

◆いちりん○(いちりんまる)/我らがフルコト・アライシノブの一輪挿し専門店。荒削りながらも本来の樹の持つ優しさが評判の一輪挿しです。豪華な花も、素朴な花もとても似合います。

◇ヤスココブンコ/漫画古本屋(ごろごろ座り読み歓迎)臨月のフルコトあるじヤスコが我が子(ヤスココ)のベビーベッドの場所を開けるため趣味の漫画を売るというだけの生活感あふるる話。座り読み歓迎。座布団たくさん敷いてお待ちしてます。

060.gifコハルカフェでライブもあります
〔Rendezvous at koharu cafe〕

060.gif歌垣(吉田智江) サポート:堀一也
060.gifququRi(山中美里&榊原明子)


時間open/15:00 start/15:15
チャージ1000円+ワンドリンク500円 


※ライブのご予約・お問い合わせ連絡は
ayniwtepo@gmail.comマデ


または
歌垣ホームページ/http://www.geocities.jp/hanaya_yoshida/tomoe.html
ququRiツイッター/https://twitter.com/ququRi_
からお願いいたします※


プロフィール
◆歌垣(吉田智江) サポート:堀一也
生まれ育った奈良で歌い続けるシンガー・ソングライター
歌垣こと吉田智江とkacicaやAYNIW TEPOで活躍する
ベーシスト 堀一也による一日限りのスペシャルなコラボレーション。
◆ququRi(ククリ)
美里の個性的な歌声とaccoの華麗なピアノが織り成す
摩訶不思議な音楽世界。その名の由来になった
謎の女神・菊理媛神(くくりひめのかみ)のように、
彼岸と此岸を結びつける神秘的なサウンドを奏でます。


060.gifフルコト名物の藍寧舎の古事記衣裳コスプレが
日本一似合うベーシスト堀さんが付近をうろうろしています。ご注意下さい。
一緒にみづらをつけて写真を撮ったりすると
思い出になるかもしれないしならないかもしれません。
行楽シーズンの秋の良き一日、ぜひお誘い合わせの上遊びにいらしてくださ~い056.gif
[PR]
2012年 10月 01日 |
私はバスが好きです。
正確にいうと公共交通機関はなんでも好きです。
飛行機もフェリーも渡し舟も高速バスも新幹線も在来線も地下鉄も。

前職時代に、取材などで大和郡山市・生駒市・奈良市・木津川市・精華町エリアを
訪問するときには、奈良交通に本当にお世話になりました。
最寄のバス停やダイヤを調べて調べて行ったものです。
たいていなんとかなるものでした。
(ペーパードライバーです)

実は今朝も「近鉄奈良駅前」からバスに乗って「手貝町」で降りて
フルコトに出勤しました。
きたまちとバスは相性がいいことよのうと座席でニヤニヤしていました。

お勧めしたいのが、バスできたまちのてっぺん「奈良阪」で下車して、
あとは自分の足でゆるゆると下ってくるコース。
奈良豆比古神社や般若寺や植村牧場、そして奈良少年刑務所など、
きたまちの名所見所とはいえ、駅から歩くとなるとなかなか回りきれないエリア。
バスで一気に登りつめると、時間短縮も出来て、合理的。

昔の人の気持ちになってみるのにも、てっぺんからきたまちを攻めるのは
理に適っているのですよ、実は。
京都方面からの奈良に入るときの玄関口がきたまちにあたります。
鉄道もなにもない昔から、いよいよここを超えたら奈良というところ(奈良阪)から
見下ろす東大寺大仏殿の光景はなんとも胸に迫ってきます。
清少納言も源頼朝も織田信長も同じ眺めを見たのでしょうか。

さてさて、話を現代に戻します。
奈良のバスは難しいということを聞きます。
「均一先払い方式」路線と「整理券後払い方式」路線がありますからね。
乗るときに払うのか、降りるときに払うのか、それが問題だ!
実はフルコトへのルートも2種類混在しているのです。

簡単に説明させていただきます。

◎JR奈良駅◎
のりば5 青山住宅行き〔均一先払い式/乗る時払う〕
のりば6 州見台(くにみだい)八丁目行き〔整理券方式/降りる時払う〕

◎近鉄奈良駅◎
のりば2 青山住宅行き〔乗る時払う〕
のりば21 州見台八丁目行き〔降りる時払う〕

フルコトの最寄バス停は「手貝町」(転害門と漢字が違う不思議)
きたまちてっぺんバス停は「奈良阪」(こざとへんなんです)
両方とも、JR奈良駅からも近鉄奈良駅からも200円。

車体に駆ける鹿が描かれたバスに乗って、きたまちぶらりくだりを
楽しんでみませんか。
その途中にあるフルコトにも是非どうぞ。

※秋の観光ハイシーズンは道路も混みますので、ご注意くださいませ。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon