奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
<   2012年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 03月 30日 |
現在開催中の中将姫と二上山展。
フリーペーパーを用意するといってまだ出来てなくてごめんなさい(小声)

なぜフルコトで
なぜ中将姫?
なぜ二上山?
という理由は こちらに掲載してます。

いち奈良ファンの、二上山ドリームが端を発した展示となっておりますが
たくさんの方に御協力いただいて美しい二上山や中将姫のイラストなどを
置かせていただくことが出来ました。本当にありがとうございます!!

こんなかんじで開催しております。
當麻のギャラリーら・しいさんにご協力いただいて
中将姫を「姫」の文字の書の展示
d0229442_1325040.jpg


そして、
都甲ユウタさん
はしもとゆうすけさん
鹿野堂さん
りゅうさん

の写真の展示

d0229442_1402899.jpg


d0229442_1334737.jpg


月与志さん中将姫の墨絵展示
d0229442_142472.jpg


などなど。
写真は一部の商品を販売していますので見てみてくださいね!

また販売商品は「ら・しい」さんから二上山のレターセット
d0229442_13425379.jpg

すっごい可愛いんですよ~!ぜひ現物を見て欲しいです。

カラフルな、グローブの革から作ったサンライズ・サンセット二上山キーホルダー
d0229442_1343270.jpg

いろんな色がございます。
実は、普通に見ると奈良側から見る二上山に太陽が沈む情景で
d0229442_13453146.jpg

逆さにすると大阪側から見る、二上山から太陽が昇る情景なんです!
d0229442_13454064.jpg


二上山マニアにはたまりません。

また、中将姫は奈良町(と現在言われてる場所あたり)生まれでしたが
継母に殺されかけて宇陀方面へと逃げます。
(一説には和歌山の有田付近という説もあります。じつはフルコトで販売していたみかんは、和歌山説で中将姫が逃げたあたりが産地です(笑))

そのときに宇陀の村人に薬の作り方を教えたという伝説があります
その薬を教えてもらったのが今の「ツムラ」のご先祖様。
女性の体を温める漢方薬を作って販売し、
明治時代からロングヒットを続けています。
その漢方が「中将湯」。
余談ですがその中将湯の原料をツムラ社員が偶然お風呂に入れたらからだがあったまってよかった!ということで商品化しました。
それがみんな知ってるバスクリンの元なのだそうです。

中将湯の空箱と、当時中将湯のパッケージイラストを描いていた方の
ポストカードなども展示しております~。
d0229442_1411522.jpg


中将湯は期間中ご購入いただいた女子の方でご希望の方に1つづつプレゼントしてます
(漢方なので体質にあわない場合もありますので、用法などかならず説明書を見てから服用ください)
もう少しで配布終了しますので興味がある方はお早めに!

というわけで、中将姫と二上山展は4/10まで開催しております
この期間だけですのでお見逃しなく~!!
[PR]
2012年 03月 29日 |
<<中編その2 三角縁神獣鏡チョコ逆下賜ものがたり


さて。三角縁神獣鏡逆下賜ものがたりもいよいよ最終章と相成りました。
長々とご清聴、誠にありがとうございます。

越の国へ貢ぎ物が渡った「ほわいとでい」とやらから数日後…
前回の越の国の宣言どおり
「越からの書状」がフルコトへ届きました!
d0229442_0151668.jpg
ばばーーーーん!

巻き紙ですね!!!
開けてみましょう!
d0229442_0161323.jpg
ちらっ

うおーうおー土器土器和気和気しますねー!!!(このコメントで、今回のブログを書いているあるじがわかった方、すばらしくフルコト通ですw)

では、広げさせていただくことにいたしましょう!!!
d0229442_018984.jpg
でででーーーん!!!

うおー相当まきまきしてありました!長いです。いかにも書状!とても達筆!
フルコトあるじ全員が沸き立ちました。しかし一抹の不安が。

読めるのか?

一同が顔を見合わせた。
どうする。誰がこの難事に挑むのか。
一同のひたいに汗がにじんだ。
(語り:プロジェクトX風 ・ BGM:地上の星/中島みゆき)

そのときだった!
「あんちょこついてるーーー!!!」
店番のあるじが叫んだ。

d0229442_026204.jpg

ほっとするフルコトあるじ一同。
越の国のみなさまの優しさに涙。感謝。

さて、ではあんちょこをもとに、内容を訳してみましょう。

d0229442_035457.jpg


【謹んで、贈り物のお礼と、和歌を一首、やまとの国いそのかみフルコトぬしのみことにさしあげる。
先日、私たち越前国へフルコトぬしのみことから贈られた品々は確かに受け取った。
このうち、生口5人は、越前国の坂井郡三国浜が暴風にさらされたとき、贄(いけにえ)として海の神に捧げた。そのおかげで波が鎮まった。
次に、倭棉一反(布ひとまき)は、越の大徳の祈祷料として、丹生郡福通精舎に奉納した。】


d0229442_0473871.jpg


【次に、靫と矢は、さる3月19日、未の刻(14時頃)、敦賀郡高佐浜に襲来した高句麗船8艘の撃沈に使い、その本分を全うした。
次に、宝玉類は、それぞれがひめかみと化して、越国の氏神と交わりこの地に鎮まった。】


d0229442_0564812.jpg


【以上、国造、部の民以下百姓にいたるまでみな深謝し、これからもなお友好的な関係を続けることを願っているということをここに伝える。

フルコトの玉に輝く
みやびをの こころづくしを
涙して受く
(和歌:意訳/フルコトからの、玉のように輝くみやびな心づくしの贈り物に、感涙にむせびながら受け取りましたよ)

平成24年壬辰の春、3月20日

越前国旧国造 三國真人
越前国足羽郡大領 生江の臣 西人
越前国足羽郡少領 阿須阪の臣 東麻呂
越前国旧国造 角鹿直 綱手

フルコト殿】


d0229442_1482573.jpg
印は、「国造の角鹿」さんのものですね。

というわけで延々続いた三角縁神獣鏡逆下賜ものがたり
古代ロマンを盛り込んだバレンタインのお遊びは心の通じ合ったしるしの和歌とともに
幕を閉じました。


越の国のみなさん、丁寧な書状を本当にありがとうございました!
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

そして皆様、ご清聴、誠にありがとうございました!
今年(2013年)も…やるよ!(たぶんな)


◇◆◇◆◇◆◇◆

d0229442_12455134.gif060.gifマニア心くすぐる商品ぞくぞくぅっ!(2つの意味で)
フルコト新商品はココでチェック!



d0229442_15523320.gif060.gifフルコトの商品をネットでおかいもの!

d0229442_14345942.jpg
[PR]
2012年 03月 27日 |
昨年から新春にかけての年賀状展の時に好評だった
香炉里さんの版画絵はがきが再登場です~~。

奈良の景色をピンポイントで切り取った絵はがきは
奈良に住んでいる人や、奈良が好きな人なら
「あるある!」な面白い視点の
ものばかり。


d0229442_175436100.jpg


↑それぞれ<信貴山の張子の寅>と
<氷室神社の狛犬>です


それぞれが実に味わいある木版画で表現されています。

その中でも私のお気に入りはコレ

d0229442_17573959.jpg

<唐古・鍵遺跡>です

まさに24号線を車で走りながら、
はじめて唐古・鍵遺跡を見たときの
「あれ?何あれ!?」とちょっとワクワクまじりの
気持ちを感じたときの、その距離と風景なんです。

他にも石上神宮の鶏や、奈良の酒造の杉玉など…

奈良のお土産にもいいですし
奈良からのお手紙にもオススメで~す♪
[PR]
2012年 03月 26日 |
佐保姫が春霞を織り始める卯月の予定です。

※昨年より4月~9月は19:00までの営業を予定しておりましたが、
これからは月にかかわらず、18:00までの営業とさせていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、
どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。

既に配布済のフライヤー等でも、
(4月~9月)11:00~19:00の表記のものがありますがご注意ください。


土日祝は変わらず17時迄です。


どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

1 (日)11:00~17:00 生駒
2 (月)11:00~18:00 新井
3 (火)11:00~18:00 上村
4 (水)11:00~18:00 上村
5 (木)定休日
6 (金)11:00~18:00 砂川
7 (土)11:00~17:00 砂川
8 (日)11:00~17:00 砂川

9 (月)11:00~18:00 新井
10(火)11:00~18:00 上村
11(水)11:00~18:00 上村
12(木)定休日
13(金)11:00~18:00 新井
14(土)11:00~17:00 金田
15(日)11:00~17:00 金田

16(月)11:00~18:00 新井
17(火)11:00~18:00 上村
18(水)11:00~18:00 上村
19(木)定休日
20(金)11:00~18:00 新井
21(土)11:00~17:00 金田
22(日)11:00~17:00 金田

23(月)11:00~18:00 新井
24(火)11:00~18:00 上村
25(水)11:00~18:00 上村
26(木)定休日
27(金)11:00~18:00 砂川
28(土)11:00~17:00 砂川
29(日)11:00~17:00 砂川
30(月・祝)11:00~17:00 新井

[PR]
2012年 03月 23日 |
店番をしていると、訪ねてきてくださった方が、いろんなお話をしてくださいます
奈良へ移住したい、または、奈良でお店をしたいというお話も伺います。
なかには、いままさに物件を見てきた!という方もおいでです。

さて、わたしは間取り図を見るのがきらいではありません。
『間取りの手帖』を2冊持っているくらいには好きです。
最近はネットで手軽に、さまざまな場所の間取り図を
何時間でも気が済むまで見ることができます。いい時代ですね。
とくに土地勘のある奈良の物件だと、「あのあたりだな」とか
「あ、この建物知ってる!」などということもあって、二倍楽しいです。

ということで今回は、わたしが気になる物件をいくつかご紹介してみます。
とはいえ、これはおすすめ物件紹介ではありません。
物件の境遇(?)は不詳で、不動産屋さんに問い合わせてはいませんし
これらの現地へ足を運んでもいません。
また、契約済みになっているものもあるかも知れないです。
あくまで私の脳内メモであることをご了解賜りましたうえ、
もしお気が向かれましたら、わくわく間取り図タイムをご一緒しましょう。
では、レッツゴー。

-----

■古民家売り家編

約190坪の敷地!きたまちの古民家
きたまちメインロード沿い。レトロテントが目印
蔵付きの離れがある純日本家屋

■店舗物件編

窓から古梅園さんが見える!
どういう敷地なのか気になる
アリエッティ一家と同居可

いかがでしたでしょうか。
ほかにもたくさんあるに違いないのですが、今日はこのあたりでと存じます。
お付き合いくださり、ありがとうございました。

ところで、今夜9時から奈良テレビさんの人気番組
「気ままに歩こ~く」に、フルコトも登場させていただいております。
ぜひぜひご覧になっていただければと存じます。
(奈良テレビさんの、あのきれいな社屋の間取り図も見てみたいです)
[PR]
2012年 03月 21日 |
d0229442_17532779.jpgテレビ放送の
お知らせです

3/23(金)21:00~ の
奈良テレビの人気番組
「気ままに歩こ~く」にて


フルコトを気ままに
紹介してくださるそうです~(^^)


器人器人さんと一緒の紹介なので
ちょっと緊張はやわらぎましたが、
それでもやっぱり上ってしまいました…!

登場あるじは○○でーす

○○さんと○○○の事を語ったり…
○○さんに○○○○○○○○○○なんかしちゃったりしてます!!(笑)

○○も○○○○で○○しますよ!

最後は○○で○○○みたいになってます!(笑)


鼓阪小学校の歩こーくなので、きたまちの「いいところ」も
いっぱい出てきますよ~


ぜひご覧下さいね!


---------------------

3/23(金)
奈良テレビ「気ままに歩こ~く」
21:00~

[PR]
2012年 03月 19日 |
転害門のことを「大門」と呼ぶこともあったとか。
いいですね、このざっくり具合。


そこから名付られた「大門市場(おおもんいちば)」。
1960年頃に開業し、2010年1月31日に閉鎖されました。
最盛期には36店舗が店を構えていたそうですが、
閉店時には8店舗となってしまっていました。

後継者難などで市場の閉鎖とともに、廃業されたお店もあります。
ですが、近くに移転され頑張っておられるお店もあります。

鶏肉専門店「鳥良(とりよし)」。
場所は「ファミリーレストラン泰仙」の後で営業しておられます。

ここの鶏肉の美味しさは、以前から評判で、店頭小売だけでなく、
奈良のあちこちの飲食店から「ここやないとアカンねん」と
信頼を得てらっしゃいます。

そして、店頭上部の看板にご注目ください。
この突き出た四角い看板。
これは大門市場で使ってらしたもの。d0229442_1058572.jpg


大門市場の店舗に取り付けられたこの看板。
「精肉店」「豆腐店」「衣料品店」「薬局」「鮮魚店」「生花店」「かつを・玉子店」などなど、
ずらりと並んで、賑わいを眺めていたのです。

大門市場は今は更地。
でも、看板は所変わってもこうして店を飾っています。

鶏肉だけでなく、「焼き鳥」「くんせい」「カラアゲ」「モモ焼き」など、
どれもこれも歯ごたえと柔かさのバランスがよく、とてもジューシー。
遠くからも買いに来られる、きたまちの味の名店のひとつなのです。
[PR]
2012年 03月 16日 |
お水取りも終わって、ようやく奈良に春がやってきます。
と、毎年どこかで言ったり書いたりしていますが
いくら神仏のご加護厚い土地柄とはいえ
「はいきた!いまきた!」と瞬間的に(あるいはMr.シューゾーマツオカ的に)
なるんではもちろんなく、あちこちじわじわちまちま着実に、そうなっていくわけです。

3月に入るころには、それはとても分かりやすくなります。
近鉄奈良駅からフルコトまでの道すがら、ダウンコートを着て首をすぼめながらも
そういう風景に1つ出合うと、ほかにもどこかと、きょろきょろせずにいられません。

d0229442_23153327.jpg
d0229442_23155577.jpg
d0229442_23161284.jpg
d0229442_23162416.jpg


枯れ枝にしか見えなかったのに、気づけばふわふわと花をつけているしだれ梅。
フルコトへ入る路地には、コンクリのすきまからスミレがクイクイ。
オドリコソウでしたっけ、可憐なそぶりで領土を広げて戦略的です。
そして桜の花芽。

自然の季節の間違わなさというのはすごい。鹿の毛の生えかわりとか。
ほんとうにいつも感心させられます。しめきりもないのになぜちゃんと。
写真は数日前に撮ったものなので、いまはもっと春めいているのだろうなあ。
次のお店番のときも、きたまちに散りばめられた春のしるしを数えてみようと思います。
[PR]
2012年 03月 15日 |
3/20~4/10まで、フルコトでは
中将姫と二上山まつり
を開催致します。

大阪と奈良の堺にある二上山。
古代には、あの世とこの世の境目にあると言われてきました。
お彼岸ごろ、桜井の桧原神社から二上山を望むと
雄岳と雌岳の間に太陽が沈む情景を見ることができるのです。

二上山に太陽が沈むさまに、仏様を見た女性の物語が「死者の書」(折口信夫)という小説になっています。
その作品の主人公「藤原南家の郎女」のモデルが、當麻寺の曼荼羅を織り上げ
29歳で生身のまま極楽浄土へ往生したという伝説のある中将姫なのです。
中将姫は藤原氏南家のお姫様。
つまり、藤原不比等の長男、武智麻呂の長男、豊成の娘です。
(藤原不比等から見ると曾孫です。←大事)

その中将姫が生まれ育ったのが、現在のならまち界隈と言われています。
通常拝観不可ですが、誕生寺というお寺は中将姫が生まれた場所という伝説があります。
きたまちのフルコトからはちょっと距離があるかもしれませんが
フルコトでちょっと中将姫のことを知ってからならまちに遊びに行くと
更に楽しめるかもしれませんよ。
というわけで、ならまちの中将姫関連の場所などについても
フルコトでご紹介できればいいなと思ってます。
中将姫伝説についてのフリーペーパーも作る予定ですが
こちらの配布は23日以降になる予定です。(配布開始しましたらお知らせします)

d0229442_1815518.jpg



また今回は奈良の写真家さんたちにお願いして
二上山の写真を展示させていただくことになりました。
(また、一部の写真はポストカードとして販売も致します)

様々な表情の二上山を見て、古代人が崇めたこの山に思いを馳せてください。
お彼岸ごろからの展示ですので、見た後夕方に桧原神社に行ってみるのもお勧めです!

そして當麻寺近くのぎゃらりー「ら・しい」さんの二上山グッズなどの販売もさせていただくことになりました。

この期間にお買い物をしてくださった女性の皆様で御希望の方にはちょっとしたおまけを差し上げます。


そして、
このイベント開催中とかぶりますが
佐保姫まつりも開催予定。こちらの詳細は後日発表しますね。

春のフルコトで春の奈良を知って、
奈良をめいいっぱい楽しんでください!
[PR]
2012年 03月 14日 |
<<中編その1 三角縁神獣鏡チョコ逆下賜ものがたり 後編・最終章>>

大和の国へ「三角縁神獣鏡」が逆下賜された!
大和国は黒塚古墳にて破鏡祭祀を滞りなくすませ…

そしてそして後日…あのばれんたいんから一ヶ月後の、そう、ほわいとでい!
我々は越の国へ貢物を送るのであった!!

参照◆三角縁神獣鏡チョコのお礼にフルコトさんから貢物が来たよ http://togetter.com/li/272377 より

↓↓ここからは越の国よりの返事を引用したいと思う↓↓

では、本日フルコトより届いた貢物を披露するとしよう。皆の者!刮目せよ!
まずこれが貢物の箱であるぞ。
d0229442_20241064.jpg

そしてこれが「親越フルコト主」wより届いた貢物の中身じゃぁ!
d0229442_20243373.jpg

まずは宝玉じゃな。さてさて、どのような宝玉が入っておるのか。
勾玉か?管玉か?切子玉か?
d0229442_20244671.jpg

中身はこれじゃぁ! もしやこれは先般Eテレで出ていたもの(注:奈良生駒名物レンボーラムネ)かのう?とても甘くていい香りがするぞよ
d0229442_2025226.jpg

さて、次は武具じゃ! 靫(ゆき)と矢であるな。
宮山古墳の靫形埴輪を模して作られたものと見える。
しかし、とても甘く良い匂いがしたのう。クッキーとチョコレートというものから作られておるようじゃなw
d0229442_20253453.jpg

さて、次はこれじゃな! 「生口」と書かれておるが、皆は何かわかるか?
d0229442_20255060.jpg

「生口」とは、まあ奴隷のことであるな。かの魏志倭人伝には、卑弥呼が景初二年に魏の明帝に男生口4人、女生口6人を献じた、などとの記述があるのじゃよ。ただ奴隷という言葉は適切ではなく何らかの技能を持つ人だったという見解もあるので気をつけてな。
d0229442_2026439.jpg

顔が完結にできておりシュールなのも生口にふさわしいのうw しかし美豆良はよく表現されておる。前頭部の分け目がしっかり刻んであるのはなかなかであるぞw
d0229442_20261567.jpg


そして魏志倭人伝に書かれていた卑弥呼が景初二年に魏の明帝に
生口とともに送ったといわれる班布になぞらえた麻布を送った。

フルコトよりの貢物は以上である。
コシのクニより下賜した三角縁神獣鏡チョコへの返礼ということであるが、
まったくもってあっぱれ!

なお、この度のヤマトよりの貢物に対して、
当博物館の古代史担当学芸員(懐風藻研究者)が返書を認める手はずになっておる。

ーーーーー越の国よりの返事引用ここまでーーーーー

…かかかか懐風藻研究者による返書!!??

>>そして我々は越の国より書状を賜るのであった!!!
古代ロマンを盛り込んだバレンタインのお遊びはいよいよフィナーレへ!
三角縁神獣鏡逆下賜ものがたり最終章〜越からの書状〜へ

[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon