奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
カテゴリ:あるじの日常日記( 22 )
|
|
2012年 03月 04日 |
3月ですね・・・
3月といえば
お水取りですね。


フルコトの物件を最初に教えてもらったとき山焼きが見える!ということも嬉しかったのですが
店番のあとおたいまつを見にいける場所だ!!と喜んだことも覚えてます。
なのに私は今年この時期に奈良に行けないという・・・。
自分の事情なので仕方ないんですが、来年は、来年こそはー!と思っております。
東大寺二月堂はフルコトから徒歩15分~20分。
おたいまつを見に行く前にぜひお立ち寄りください。
ちなみに12日は20時頃まで営業しております。12日のおたいまつは観光客が多く集まるので
立ち止まってゆっくり見られない状況です。また、導線も決まっていると思います。
裏参道からお帰りになると思いますので、よかったらそのままフルコトに遊びにきてください(笑)

d0229442_10252083.jpg


d0229442_10263134.jpg


見る場所によっても見え方が違いますよね。お松明。
深夜の行法のあの空気感もまた体感しに行きたいです。

ところでお水取りのこの期間中、椿の形をしたお菓子が奈良の和菓子やさんに並びます。
各お店それぞれ違った名前、違った形なのですが、綺麗で可愛くて、
一度食べ比べをしたい!というのが何年も前からのわたしの願望です。(笑)

奈良町の砂糖傳・増尾商店さんのサイトに、増尾さんのお砂糖を使っている和菓子やさんの
椿のお菓子がまとめてありました。(こちらのサイトに掲載しているもの以外にもあるようです)
椿のお菓子の由来も書いてあります。

本当にそのお菓子やさんそれぞれありますね。
なかにしさんの南無観椿は食べたことがありますが、
南無観椿満願という、練行衆に敬意を表し、動物性のものを使っていないものもあるということを知り、
いたく感激しております。

こちらを参考にさせていただいて来年こそは・・・!!
椿菓子食べ比べをしたい!と思っています~。

d0229442_1034329.jpg

萬々堂 通則さんの糊こぼし。
箱の可愛さや、ガイドブックなどに掲載されているのもあって知っている方も多いのでは。
[PR]
2012年 02月 16日 |
昨年砂川みほこが「こんなん大阪でやってる!」と教えてくれた
「マチオモイ帖」

昨年の秋の大阪で開催されたときは34点だったのですが
さらに出展作品を募集しなんと今回325点。1日じゃ見切れません!(ちなみに近畿だけでも160点。)
フルコトでも作りたいねと話しをしていたのだけれど、タイミングがあわず今回は断念しましたが
sankakuのやまもとさんや、K-POOLプロジェクトさんなど、知り合いが出されていることや
何よりもこういったミニコミ誌が大好きな私は
喜び勇んで初日に行ってまいりました~。
すみません、フルコトのブログなのに東京のネタで(笑)

ただの冊子だけじゃなくて、それこそ段ボールで作ったもの、手書きに写真を貼り合わせたもの、カードをつなぎ合わせたもの、布ものなどなど、多種多様!
どうしてこんなことが考え付くの!みたいな感動の連続で、創作意欲が刺激されっぱなしです。

そのクリエーターが思いいれのある町がテーマとなると、
大体自分が生まれ育った町をテーマにされている方が多かったですが
ガイドブック並みの情報量のものもあれば、
マチオモイというか、家族オモイかも?という感じのものまで
(それはそういう表現で全然問題ないと思います)
多種多様の町が、六本木ミッドタウンに溢れかえっておりました。
「住んでいる」目線だからこそ、普段は気づかないような細かいところに突っ込んだり、本当に面白かったです。

d0229442_14304560.jpg


d0229442_14105172.jpg


d0229442_1411418.jpg


d0229442_14111626.jpg


ほしい!と思うものもたくさんあって、もし購入できるなら相当お金を使ってしまってたと思います(笑)

奈良でも出来ないかなあと思ってるのですが・・・
やりたいな~。奈良のみの「マチオモイ帖」

映像はwebでも見られます
ならまち帖
いや六本木で奈良の知っているあんな顔やこんな顔に出会えるとは(笑)不思議な感慨深さが(笑)


大和郡山きんとと帖

フルコトと夏にきんととイベントを開催したK-POOLさんの作品です。
ぜひ見てみてください!

もうほんと色々つくりたい・・・やりたい・・・。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon