奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
カテゴリ:未分類( 19 )
|
|
2013年 07月 15日 |
え、もう来年の手帖なの!?まだ7月じゃない!
という方も多かろうと思いますが、まだ7月。もう7月。あと半年もすれば新しい年がやってきます。来年も奈良に行こう、奈良を楽しもう!という方に
毎年恒例奈良旅手帖のお知らせです。


私(生駒)が店番している時にも手帖を販売しているのを見た方が
「ここでも売ってるんだ~」と仰ったりもするのですが、フルコトがメイン販売店。
委託でも何でもなく直売でございます(笑)。
奈良旅手帖を作っている人が共同運営している店がフルコトなんですよ。
これフルコトの基礎知識ね。
このブログ見てる人は知ってますよねそうですね(笑)
(でも実は先日も指摘されたんですが、意外と知られてないみたいなんですよね。
フルコト運営メンバーの中に奈良旅手帖を作ってる人がいるし、奈良旅手帖を作ってる人が運営してるのがフルコト。です。よろしく。しつこい。)


今回は昨今の状況を鑑みて、ちょっと決断させていただきました。
たくさん印刷して、あちこちに委託してもらったりしてきていましたが
手帖という性質上、販売できる期間が限られていますので、やはりロスが出てしまうこともあります。
今回は、できるだけ余剰分をなくしたいということ、本当に欲しい人の手に渡ってもらいたい、
ということから、基本は事前予約制とさせて頂きたいと思います。

もちろん今まで販売していた店舗様に委託していただくことになるとは思うのですが
普段より少ない数しかお渡しできないと思うので、確実に欲しい方はぜひネット通販からか
フルコト店頭からお申し込みください。
フルコト店頭では7/19頃から予約予定です。
予約締め切りは9/10のご入金までとさせて頂きます。


■奈良旅手帖2014168P(予定)
予約価格 1480円(税込・送料込)
こちら奈良旅手帖のサイトです

◆ご予約はこちらから!!◆

今年の表紙は5種類

金田あおい「薬師寺東塔と水煙」ご縁あって薬師寺さんとタイアップさせていただいた表紙デザインです。
d0229442_0171890.jpg


金田あおい「古代を識る」
d0229442_0172916.jpg


上村恭子「寧楽旅日記」
d0229442_0175115.jpg


上村恭子「大和寧楽花札」
d0229442_0175999.jpg


上村恭子「そらもよう2014」
d0229442_0181943.jpg



以上5種類。

予約なしの方で店頭販売分は、例年よりももしかしたら少し値段が上がるかもしれませんが、
上げたくありません~!
ので、できれば予約していただけると幸いです~~~!

よろしくお願いします。


-------
そしてそして、やっと出来上がりました。洞川帖。
ご予約いただいた方には本当にお待たせして申し訳ありませんでした。

※事前にご予約いただいた方には7/14に発送させていただきました。21日ごろになっても届かない場合はご一報ください。

2月のマチオモイ帖展示のために作った、洞川帖。
中身を少しだけブラッシュアップして、やーっと皆様のお手元に届けられます。
2010年からこの3年間、ほぼ毎月のように通っている天川村洞川。
私がどうしてこの場所に惹かれているのかを一冊の本にしました。
洞川に興味がある人も、好きな方も、読んでいただけたらとても嬉しいです。

◆洞川帖
32P
A5 フルカラー
価格 600円
(通販価格 680円)

d0229442_032186.jpg


奈良旅手帖のご予約と一緒にされた場合は洞川帖のみ先に発送となります。
こちらもそんなに部数を作っておりませんので、お早めにお求めくださいね。

◇ご注文はこちらから◇

フルコト店頭でも15日から販売予定です。
ちなみにフルコトは16日~18日までお休みを頂きますので、ご注意ください。(19日からは営業しております)

よろしくおねがいしまーす!!

---------------

●自動返信メールが届かない件について。

メールアドレスが携帯電話会社のもの(docomo、ezweb、softbankなど)で、メールアドレス内に 「. 」「-」「_ 」など使用しているメールアドレスに、自動返信メールが届きにくいということがわかりました。

携帯電話のメールアドレスではなく、yahooやgmailなどのフリーメールアドレスを取得していただくとスムーズにご注文いただけると思います。

どうぞよろしくお願いします。


●注文後自動返信メールはすぐに送信されています。届かない場合は
メールアドレスの入力間違え、メールフィルターがかかっている場合がございます。
メールフィルターがかかっている方は、メールフィルタをはずしてからご注文ください。
メールアドレスが間違いの場合はお手数ですが再度ご注文ください。
[PR]
by furukoto | 2013-07-15 00:36 |
2013年 01月 21日 |
【臨時休業のお知らせ】
21日(月)29日(火)は誠に申しわけございませんが、
都合により臨時休業とさせていただきます。
ご来店の予定をたててくださっていたお客様には、心からお詫び申し上げます。
[PR]
by furukoto | 2013-01-21 07:20 |
2013年 01月 16日 |
今年の山焼きは26日ですが、
フルコトでは昨年同様穴場の山焼き見学スポットツアーを開催します!

詳細はまた後ほど。山焼き見に行く予定の方はフルコトから一緒にいきましょう!
[PR]
by furukoto | 2013-01-16 10:43 |
2012年 09月 04日 |
みなさんいよいよ9月ですね。
まだまだ暑いですが、少し秋の気配も…。

となると…やっぱり食欲の秋ですね!
と、いうわけで!

今週9月9日の日曜日

99←勾玉の形!!
と、いうわけで!


あの幻の『まがたまどーなつ』が再びフルコトにやってきまーす8(≧∀≦)8/!

d0229442_1151118.jpg


「三輪のお豆腐やさんのおからと豆乳を
タップリ使っています。
揚げ油は100%こめ油で揚げているので
そんなにしつこくありません。
ぜひ召し上がってみてくださいね。」


お味は
058.gifプレーン
058.gifほうじ茶
058.gifチョコみかん
 の3種


ちなみになぜ「幻の」かと言いますと…
前回7月にオープンした時には
開店1時間もせずに

即完売!

終了!

閉店!


だったからです(笑)

前回、悔しい思いをされたお客様!
今度はぜひ、召し上がってみてくださいね〜
[PR]
by furukoto | 2012-09-04 00:24 |
2012年 08月 21日 |
お待たせしました!
表紙が2種類追加になりました。
ひとつめは、現にゃら新聞、元三輪座新聞のぴぴぴさん作
ならたびベンジャミン。
ベンジャミンとはぴぴぴさんのキャラクターです。
ぴぴぴ表紙

ぴぴぴ裏表

新規ご注文はこちらから→

そして、毎年おなじみロクちゃんの表紙。お待たせしました。
こちらは表紙の印刷枚数は先着限定100枚の予定です。お早めにお申し込みください。
ロクちゃん表紙

ロクちゃん裏表

新規ご注文はこちらから→
(フルコトからのご注文の場合は予約割引があります)

※すでにご注文済みの方で表紙の変更を御希望の方は
こちらのフォームからご変更ください。→

自分で差し替え可能ですので
表紙のみ追加のご注文も可能です!→

ご予約お待ちしております!!!

店頭でも受付OKです~!
[PR]
by furukoto | 2012-08-21 11:36 |
2012年 08月 06日 |
フルコトブログの更新をかなりご無沙汰しております。生駒です。
今日はいくつかお知らせがありまーす!

★奈良旅ちょこっとアドバイス発売しました!

s-qvu1c.jpg P01-29:歳時記7月4日最新-6

P01-29:歳時記7月4日最新-14 P30-55:奈良の食7月4日最新-4

P30-55:奈良の食7月4日最新-10 P56-81:花寺7月4日最新-5

P56-81:花寺7月4日最新-10 P82-96:コトナラおすすめ7月4日最新-4




多田みのりと生駒あさみの奈良旅ガイド編集ユニット「コトナラ」によるコラム本
「奈良旅ちょこっとアドバイス」が7月末に発売になりました!
この本はフルコトの出版部門「フルコト社」からの発行になります。


自分で細かく内容を説明すべきなのですが
いつもお世話になっている
奈良倶楽部さん→「奈良旅ちょこっとアドバイス」奈良倶楽部でも販売中*

奈良に住んでみましたさん→「奈良愛あふれる一冊『奈良旅ちょこっとアドバイス』書評

に詳しくご紹介していただいてるので、
こちらをご覧いただけたら幸いです(笑)

いやもうちょっと説明しろよって話しですね。すみません。(笑)
いつでも行くことが出来ない特別な「旅」だからこそ効率よく楽しみたいと思ったときに
事前に知っておいた情報を色々と掲載しているつもりです。

実際行ってみてわかること、先に知っておいたら便利だなと言うことって
かなりあるんですが、奈良ってそういう細かいアドバイスがあるような本が少ないと思ってます。
奈良旅手帖のコラムでももうちょっと突っ込んで細かい説明をしておきたかったな・・・思ってました。
2010年版、2011年版のコラムには、もうちょっとだけほしかった情報を色々追加し、
あとは今までちょっとお蔵入りになっていた原稿と、さらに書き下ろしで何本か書いてます。

薄くて軽めな本ですが、持ち歩きしやすいという利便性があるので
手帖と共に持ち歩いていただけたら嬉しいです。

全国の書店では購入できませんのでご注意ください

現在は
●フルコト店頭
●小さなホテル奈良倶楽部さん
●BOOK LAND(桜井)さん
●梅谷醸造元(宮滝醤油・吉野宮滝)さん
で販売させて頂いております。

今後、JR奈良駅1Fのnara in the boxさんなどでも販売予定です。
(納品次第こちらに情報追加していきますね)

そしてもちろん
●フルコト通販→

でもご購入可能です。
また、委託先なども募集しておりますので、気軽にお声をかけていただけたら幸いです。


そしてふたつめのお知らせ。
★奈良旅手帖2013 ご予約開始しています。

5年目の手帖です。5年も経つなんてびっくり。本当に皆様のおかげです。
すでにフルコトの通販カートで通販開始しております。
というか1年って本当に早いですね・・・(4月からコラム本に携わっていたのもありますが・・・)

中身については現在会議中。(私の脳内で。)
コラムは、奈良に住んでみましたのnakaさん、フルコトあるじの多田みのりさん、砂川みほこさん、私、の4人で執筆予定です。

特典も現在検討中です。またこちらも確定したらお知らせしますね!!
他に作りたいものもあるし・・・悩むな・・・。

また今年の販売箇所は例年のごとく決定していません。
毎年置いているところでも置いてもらわない可能性があります。
振込み等のお手数をおかけして大変申し訳ないのですが
ご予約数の把握などもしたいので、できるだけ先行ご予約いただけるとありがたです。


今年の表紙は7種類+1。
金田あおいさん、上村恭子さんのフルコトのデザイン・イラスト班と、2009年版からずっとお世話になっている
高木朋子さんにお願いしています。

藍寧舎・金田あおいさん
あおい 表 

上村恭子さん
ヤスコ1 表 ヤスコ2 表 ヤスコ3 表 ヤスコ4 表
高木朋子さん
タカギ1 表 タカギ2 表

+1はおなじみ「奈良に住んでみました」の鹿野堂さんの革カバーです。
昨年から作ってーとリクエストしていたので、念願叶って嬉しい。
今回の馬革は、いつもの牛革より軽くて手にしっくりなじむ風合いがとっても良いのです。
来年以降も使っていくことが出来ますよ。
こちらは通常表紙とは別途3500円必要ですが、どうぞよろしくお願いします。
s-01.jpg


ご予約の〆切りは9/25です!

各々の詳細はこちらをご覧くださいな~→

フルコト店頭では8/11頃から受付予定です。
昨年同様、表紙をインクジェット印刷したものを店頭に置いておくつもりですので
どういう感じなのかわかるかな?と思います。(革も実物を置いておきますので、触った質感などもわかると思います。)



★フルコト通販リニューアル

奈良旅手帖のご予約開始に伴い、フルコトの商品も色々と通販開始しています。
通販要望のあるものや、通販可能な商品があれば
こちらのカートに追加していきますので
遠方でなかなかご来店いただけない方はどうぞご活用ください。
(通販要望があっても、在庫数の問題などで通販できないものもありますのでご了承ください~。でももし、ツイッターやブログで新商品紹介を見てほしいものがあると思った方は気軽に聞いてみてくださいね)

フルコト通販カートはこちらです→

どうぞご利用くださいね~!!
[PR]
by furukoto | 2012-08-06 09:49 |
2012年 05月 02日 |
今日は嵐の中、ぴぴぴさんとお店番だったのでした。

どうなる事やらどきどきどき…

d0229442_22395073.gif





……

………

今度は……よろしくね…!!!
[PR]
by furukoto | 2012-05-02 22:42 |
2012年 02月 21日 |
お店番をしていると、「奈良の魅力ってどんなところでしょう」と聞かれることがあります。
どんなものでも、その魅力について語ろうと思うと、本当に多くの切り口があると思いますが、
私にとっては「くらしている中で、いたるところに重層的な歴史が感じられること」が奈良の魅力の一つかなと感じております。

ちょっと例をとってお話ししましょう。
私は平日、だいたい17時をすこしすぎたくらいに国道369号線(ミロク号と勝手な愛称で呼んでます。)から一条通に出て、車を西に走らせ自宅を目指します。

一条通の東の起点は東大寺転害門。天平時代の建築を今に伝える堂々とした風格の門です。
西を目指し少し走ると若草公民館へ向かう小道が交差します。右手にフルコトへの看板がちらりと見えます。
さらに直進し佐保川を越え、
大仏建立を発願した聖武天皇、悲田院と施薬院を創設した光明皇后おふたりの御陵前を通過します。
やすらぎの道と交差してさらに直進すると、右手に興福院への坂道が見えます。
このあたりはいくつもの学校が立ち並び、いろんな制服の生徒さんが歩いています。
スーパーもあるし、ドラッグストアもある。
ガソリンスタンドもあるし、せんべい屋さんもある。
そしてそんな中に、常陸神社はこちら、不退寺はこちら……と、
由緒のある神社仏閣の看板が次々と見えてきます。
ああ、素敵なカフェもありますね。雑貨屋さんにもたくさんのお客さん。

さらに西に向かい、JRの踏切を渡ると、
右手に有名な牛丼屋チェーンが。
そのむこうに、日本で最初の公開図書館とされている「芸亭(うんてい)跡」の碑がちらりと見えます。
そして24号線が交差。
この24号線バイパスが発掘調査されたときには、
「馬がいなくなったんです。これこれこういう特徴の馬です。さがしてます。情報求む(意訳)」という内容の平安時代の立て看板が見つかっています。
また、24号線と一条通に接している一条高校の敷地内では、平安時代の巨大な木枠井戸が見つかっています。
さらに直進すると、東西に道がずれたような交差点が。
法華寺の南東角にあたる場所で、
平城京の条坊中、一ヶ所だけイレギュラーな区割りになっているところです。
ここから一旦右折して北に進路を変えます。

左手に海龍王寺があります。
もっと行くと右手に法華寺郵便局。
この交差点を左折し、進路を西へ。

一条通を走っただけでも、今目にする景色の中に、そして伝えられてきたお話の中に、
さまざまな時代の遺構やエピソードが溶け込み、そこかしこに織り込まれているのを感じます。

おお、平城宮跡が見えてきました。
私が帰宅する時間帯は、お天気次第ですがここから本当に美しい夕焼けが見られます。
帰宅の時間はほぼ毎日定時なので、
日に日に陽が長くなっていくのがまるで定点観測のようにわかるのです。
まだ頬にふれる風は冷たいけれど、確実に春にむかっている。それがしっかりと感じられます。

平城宮跡大極殿と、ちょっと左に顔を向ければ遠くの方に朱雀門。そして正面には生駒山がそびえています。
さえぎるものがない、美しい夕焼け。
真似の出来ない色、同じである日は二度とない。

同じである日は二度とないのに、様々な時代のものが残されている。
その中でくらしている不思議さ、おもしろさ。

平城の夕焼けは、多くのことを想わせてくれます。


え?私の自宅ですか?
この文章では平城宮跡に住んでいるみたい?
じゃあ、まあ、そういうことにしときましょうか!笑
[PR]
by furukoto | 2012-02-21 23:16 |
2011年 03月 16日 |
奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコトの
情報ブログです。

お店が出来ていくまでの過程やお知らせなどを掲載していきます。
よろしくお願いします。
[PR]
by furukoto | 2011-03-16 09:14 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon