奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
■ HOSSOGE【シルクロード文様の布小物】
2013年 06月 13日 |
HOSSOGE
ほっそうげ と 読みます。
「パルメット、ザクロ、蓮華、牡丹」などの花々の美しい要素だけを
組み合わせた想像上の花、「宝相華」からつけられたブランド名です。

d0229442_11591770.jpg
奥/クッションカバー 45㎝×45㎝ 5,000円
前/クッションカバー 40㎝×40㎝ 5,000円
(カバーのみの販売となります。)

d0229442_1205811.jpg
左/ルームシューズ靴タイプ 4,000円 
右/ルームシューズゴンドラタイプ 3,500円
(現在どちらもMサイズ1種類のみ。
靴タイプは25㎝の方までは余裕のあるサイズ感。
ゴンドラタイプは24㎝までとなっております)


---------------------------------------------------------

1300年前、世界の美が東西を結ぶシルクロードを通り、
大和(やまと)の地へもたらされ 今日の日本文化の礎が始まりました。

東西の美に惹かれ、その中から自らの手で創ろうと意欲に燃えた大和の人々。
その後やがて、それらを日本の風土や情緒に調和させ、オリジナルのものを
築いていきます。

異国のものを受け入れ、それを大きく和する。つまり大和化してきました。
そして、今日の日本の着物や帯、染織織物にそれはそのまま息づいています。

HOSSOGE は、そのような文様が描かれた着物、帯、和布を使用した
「和」の雑貨を一点 一点 日本にて手作りで制作しております。

「古来から手渡されて来た伝統文化」を現代の日常生活の中で身近に楽しんで頂く、
それが HOSSOGE のコンセプトです。


HOSSOGE は ほっそうげ と読みます。

「パルメット、ザクロ、蓮華、牡丹」の花々の美しい要素だけを組み合わせた
空想上の花、「宝相華」からつけました。

古代オリエントで意匠化されたパルメット、ザクロ、蓮華の文様がインドへ渡り
インドの仏教装飾と共に中国へ。これに唐の時代から富の象徴として愛された
牡丹の花が加わります。

奈良時代の装飾に用いられ、現在でも格調高い柄として着物や帯に使用されている
のは有名です。

ぜひ、この機会に 古(いにしえ)に思いを馳せ 
伝統文化を身近にお楽しみに下さい。

---------------------------------------------------------


上記がHOSSOGE代表・企画デザイン担当の 田出 裟哉子さんの
メッセージです。

何度も読み返してしまいます。

ご縁あって、この素晴らしいお品の数々が、正倉院にほど近い、
「フルコト」に並ぶこと。

こんな嬉しいことはございません。

どうぞ是非お手に取ってご覧ください。

下記のメッセージもあわせてお目通しくださいませ。


---------------------------------------------------------

☆色柄や形状が一つ一つ異なり、若干のゆがみがある場合もあります。
中には古い着物もございますので、多少の汚れやくすみが残っている
場合がございますのでご了承ください。

また、アンティークの「味」と考えて、中にはむしろ積極的に使用しているものもございます。
以上をご理解頂いた上で、ご購入をお願いたします。

[PR]
<< 6/29(土)・30(日)フル... ページトップ 2013年6月の予定 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon