奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
■ 国産天然木の小座卓あれこれ/天然木の輪 その1
2012年 05月 14日 |
GWは毎年岐阜県に出かけています。
相方が定年後趣味ではじめた木工の材料調達の旅なのです。
ですが、年々材料を手に入れることが難しくなってきています。
素人なのではっきりとしたことは分かりませんが、
原因としては燃料の高騰もあるようです。
切り出すにも乾燥にも必要だそうです。

独学ではじめた趣味の木工ですので、細かいものは作っていません。
いわゆる指物や組み物系のきちんと技術を学ばなければ出来ないものですね。
そして、大きいものも作らなくなりました。
相方も着実に歳を取っており、大物は取り回しや運搬が大変だということと、
現代生活に使ってもらいやすいものをということからだそうです。

この小座卓は形もさまざま、樹種に応じて塗装も無色や着色したものがございます。
着色に使う塗料はオスモカラーを使っています。

…フルコトにこんなんあったかしらん?
そう思われるのも無理はございません。
ついつい展示台として使ってしまっております。

また、小座卓という名前ではありますが、座ることも可能です。
玄関のかたすみにでも置かれると、
ちょっと越をかけて、ブーツを履くときや靴紐を結ぶときにらくちんです。

あなたの大切なコレクションを飾るのにも台としてお使いいただけます。

ひとつひとつきちんとした写真が撮れましたら、
またアップいたしますが、今日のところはざっくりとこんな感じ。
素材はケヤキやトチがほとんどで、
価格は6,000円~10,000円程度とお求め安くなっております。

木目の美しさ、形の面白さは 自然界からのおくりものです。

天然木の輪 は他にポストカード額や一輪挿しなどがございます。
順を追ってご紹介させていただきます。
また、全て一点ものでございますので、売り切れの際はご了解くださいませ。

d0229442_1335425.jpg
[PR]
<< おペンキびより ページトップ 6/29~7/1 もっと、ずっ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon