奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
■ 中将姫と二上山まつり開催中。
2012年 03月 30日 |
現在開催中の中将姫と二上山展。
フリーペーパーを用意するといってまだ出来てなくてごめんなさい(小声)

なぜフルコトで
なぜ中将姫?
なぜ二上山?
という理由は こちらに掲載してます。

いち奈良ファンの、二上山ドリームが端を発した展示となっておりますが
たくさんの方に御協力いただいて美しい二上山や中将姫のイラストなどを
置かせていただくことが出来ました。本当にありがとうございます!!

こんなかんじで開催しております。
當麻のギャラリーら・しいさんにご協力いただいて
中将姫を「姫」の文字の書の展示
d0229442_1325040.jpg


そして、
都甲ユウタさん
はしもとゆうすけさん
鹿野堂さん
りゅうさん

の写真の展示

d0229442_1402899.jpg


d0229442_1334737.jpg


月与志さん中将姫の墨絵展示
d0229442_142472.jpg


などなど。
写真は一部の商品を販売していますので見てみてくださいね!

また販売商品は「ら・しい」さんから二上山のレターセット
d0229442_13425379.jpg

すっごい可愛いんですよ~!ぜひ現物を見て欲しいです。

カラフルな、グローブの革から作ったサンライズ・サンセット二上山キーホルダー
d0229442_1343270.jpg

いろんな色がございます。
実は、普通に見ると奈良側から見る二上山に太陽が沈む情景で
d0229442_13453146.jpg

逆さにすると大阪側から見る、二上山から太陽が昇る情景なんです!
d0229442_13454064.jpg


二上山マニアにはたまりません。

また、中将姫は奈良町(と現在言われてる場所あたり)生まれでしたが
継母に殺されかけて宇陀方面へと逃げます。
(一説には和歌山の有田付近という説もあります。じつはフルコトで販売していたみかんは、和歌山説で中将姫が逃げたあたりが産地です(笑))

そのときに宇陀の村人に薬の作り方を教えたという伝説があります
その薬を教えてもらったのが今の「ツムラ」のご先祖様。
女性の体を温める漢方薬を作って販売し、
明治時代からロングヒットを続けています。
その漢方が「中将湯」。
余談ですがその中将湯の原料をツムラ社員が偶然お風呂に入れたらからだがあったまってよかった!ということで商品化しました。
それがみんな知ってるバスクリンの元なのだそうです。

中将湯の空箱と、当時中将湯のパッケージイラストを描いていた方の
ポストカードなども展示しております~。
d0229442_1411522.jpg


中将湯は期間中ご購入いただいた女子の方でご希望の方に1つづつプレゼントしてます
(漢方なので体質にあわない場合もありますので、用法などかならず説明書を見てから服用ください)
もう少しで配布終了しますので興味がある方はお早めに!

というわけで、中将姫と二上山展は4/10まで開催しております
この期間だけですのでお見逃しなく~!!
[PR]
<< フルコトメガミコヨミ4月始まり... ページトップ 三角縁神獣鏡チョコ逆下賜ものが... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon