奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
■ 中将姫と二上山まつり
2012年 03月 15日 |
3/20~4/10まで、フルコトでは
中将姫と二上山まつり
を開催致します。

大阪と奈良の堺にある二上山。
古代には、あの世とこの世の境目にあると言われてきました。
お彼岸ごろ、桜井の桧原神社から二上山を望むと
雄岳と雌岳の間に太陽が沈む情景を見ることができるのです。

二上山に太陽が沈むさまに、仏様を見た女性の物語が「死者の書」(折口信夫)という小説になっています。
その作品の主人公「藤原南家の郎女」のモデルが、當麻寺の曼荼羅を織り上げ
29歳で生身のまま極楽浄土へ往生したという伝説のある中将姫なのです。
中将姫は藤原氏南家のお姫様。
つまり、藤原不比等の長男、武智麻呂の長男、豊成の娘です。
(藤原不比等から見ると曾孫です。←大事)

その中将姫が生まれ育ったのが、現在のならまち界隈と言われています。
通常拝観不可ですが、誕生寺というお寺は中将姫が生まれた場所という伝説があります。
きたまちのフルコトからはちょっと距離があるかもしれませんが
フルコトでちょっと中将姫のことを知ってからならまちに遊びに行くと
更に楽しめるかもしれませんよ。
というわけで、ならまちの中将姫関連の場所などについても
フルコトでご紹介できればいいなと思ってます。
中将姫伝説についてのフリーペーパーも作る予定ですが
こちらの配布は23日以降になる予定です。(配布開始しましたらお知らせします)

d0229442_1815518.jpg



また今回は奈良の写真家さんたちにお願いして
二上山の写真を展示させていただくことになりました。
(また、一部の写真はポストカードとして販売も致します)

様々な表情の二上山を見て、古代人が崇めたこの山に思いを馳せてください。
お彼岸ごろからの展示ですので、見た後夕方に桧原神社に行ってみるのもお勧めです!

そして當麻寺近くのぎゃらりー「ら・しい」さんの二上山グッズなどの販売もさせていただくことになりました。

この期間にお買い物をしてくださった女性の皆様で御希望の方にはちょっとしたおまけを差し上げます。


そして、
このイベント開催中とかぶりますが
佐保姫まつりも開催予定。こちらの詳細は後日発表しますね。

春のフルコトで春の奈良を知って、
奈良をめいいっぱい楽しんでください!
[PR]
<< 春をかぞえる ページトップ 三角縁神獣鏡チョコ逆下賜ものが... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon