奈良 旅とくらしの玉手箱 フルコト
furukoto.exblog.jp
Top
■ あの木を思い出す月曜日
2012年 02月 13日 |
昨年開店準備におおわらわな我々あるじを
この木は眺めていました。
「おしりの木」と呼んでいました(私だけ?)。

この木が生えていた空き地は
良い感じに草ぼうぼうなのですが、
人の歩いた跡がはっきりしていて、
荷物の搬入などの時に、横切らせてもらっていました。

そう、生えていた…。
過去形なのです。


d0229442_14311057.jpg































春から夏にかけては豊かな緑で日差しをさえぎってくれる、
姿のよい広葉樹。

それが、きれいに剪定されていて、
幹と枝の形がすっきりはっきり見えている姿の面白さに、
なにげなく携帯電話のカメラでパチリと。
お尻側から一枚撮っておきました。

数日後、剪定は伐採の準備であったことがわかりました。
あるはずのところに木がないと、なんだか心に穴があいたよう。

心残りは他にもあるのです。
天然木の輪の長谷さんや
UcB工作の山本さん
に「この木なんの木?気になる木!」と伺ったのですが、
お二人とも、「う~ん」とうなられるばかりで。
広葉樹を特定するには 木肌や樹形だけでなく葉の形状や実などが
わからないと難しいこともあるようです。
(特徴的なものは遠目からでも特定できるものもある)
それだけ、日本には広葉樹の種類も多いのでしょうね。

「あの幹の皺のところ(お尻や背中部分)は間違いなく、ええ木目が出てるわ」
と二人はそれぞれおんなじことをおっしゃっていました。

あの木はいったいどうなってしまったのか。
時間をかけて種類を調べてみようと思っていたのに、
ある日忽然と姿を消してしまった。

乾燥を経て、材となり、姿を変えて新たな命を吹き込まれるのを
待っていて欲しいと祈るばかりです。

携帯電話で撮影したことすら忘れていたのですが、
別のものを探していて、この写真が出てきました。
うれしくて。
さびしくて。

初夏のやさしげで緑豊かな時にも、一枚撮っておけばよかった。
[PR]
<< 三角縁神獣鏡チョコ逆下賜ものが... ページトップ 二月に修する法会 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon